幽遊白書で激しく共感して勇気をもらったのが飛影や蔵馬達が昔は越えられなかった壁を克服して、「何でもできる自分」を取り戻して、さらに進化していくところ

僕にとって幽遊白書は、
「子供の頃は何でもできた」のに、
成長する過程で「できない自分」になってしまったけど、
サバイバルの中で自力で壁を壊して「何でもできる自分」を取り戻していく、
さらにはその先の世界へ飛び立っていく話だというところ(私個人の感想です)が、
非常にシンパシーを感じて好きだったところでした。

特に、飛影と蔵馬の生きざまにしびれましたね。

飛影は、陰気な故郷である氷河の国で母親の氷菜(ひな)が出産。しかし、氷河の国の決まりで魔界の森へ投げ捨てられます。
そのとき飛影は、母親が飛影とその妹(雪菜)を産んだときにこぼした氷泪石(ひるいせき)を形見のように持たされました。
飛影は幼いながらもその時のことを覚えていて氷河の国への復讐を生きる目的にして生きていく。
氷泪石は希少な宝石とされていたため、それを餌に妖怪をおびき寄せる飛影は常に妖怪と戦う人生に。
そんな飛影は強くなりすぎてA級妖怪にまでなってしまい、次第に妖怪から狙われなくなりました。
敵となる妖怪がいなくなったことで飛影は時間的余裕を持つようになり、氷泪石を眺めることが多くなります。
飛影は氷泪石によって心が落ち着くことに気づき、子供の頃の復讐目的ではない、純粋な興味から氷河の国を探すことになります。
しかし敵との戦いのとき、油断から妹(雪菜)の氷泪石を失くしてしまいます。
失くした氷泪石と氷河の国を見つけるためという目的で、自らの力がまったくなくなるけど探し物が見つかりやすくなる第3の目「邪眼」の手術を受けます。
その結果、せっかく鍛えた妖力が雑魚妖怪レベルのD級まで下がった飛影。
しかし、飛影はそのあとの人生で数々の戦いを経て、ピンチには仲間の助けを得ることで生き延びて、仙水との戦いのときに邪眼を移植する前に相当するような妖力を発揮、
そのあとは邪眼移植前の妖力を完全に超えて、魔界の3大妖怪のうちの1人である軀の片腕になるまでになりました。

・・・と、大雑把に飛影の足跡を追って、何が言いたかったというと、

A級妖怪になり、敵なしとなる

邪眼の手術で雑魚レベルのD級妖怪まで妖力が落ちる

その後のサバイバルや幽助たちとの出会いを経て、以前のA級妖怪のレベルに達する

その後も妖力を上げるだけでなく、幼少期の恨みやモヤモヤを乗り越える
という過程に非常に共感したんです。

なぜなら、当時中学生だった自分は、
何でもできると万能感があった小学生低学年

転校して見知らぬ偏狭な田舎で肩身が狭い思いを抱き始めた小学校高学年から暗黒時代が始まり、
中学生時代は、窮屈でそれ以外の道がまるでないのかのように思える社会のレールしかない恐怖におびえていた時代でした。

僕の実人生で経済力、生活力がなく、親に守られることでやっと生活できていた中学生の頃、
社会のレールのような画一的な生き方以外に何かあるのではともがく。
でも、自分では、やりたいことを見つけることができず、自分だけ違う道を歩む勇気もない。
世の中の仕組みがどうなっているのか何も知らない上に力不足でどうにもならなかった。
社会のレールの範囲内でしか動けず、不自由で、言いなりにならざるを得なかった頃、
学校に行くのが当たり前、行かないのは落ちこぼれ、出来損ないのごみのように周囲からみられていて、自分もそのような思考をしていた。

そんな時に、その社会のレールから脱出する方法がないかと心のどこから思っているときに
一筋の光がさしてきました、それが幽遊白書の飛影や鞍馬のストーリーでした。
また、戸愚呂弟、玄海、雪菜たちも「昔は乗り越えられかった壁を自力を高めたり友人や知人の助けを得て解決して新しい世界へ進んでいた」ことにも励まされていました。

僕にとって幽遊白書はその中学の苦難の時代に[自分らしく生きるためにはどうすればいいか]そのヒントや、突破する勇気を少なからず与えてくれた、まさに光のような存在だったのです。

そこから、「いろいろできるタイプの自分」を取り戻すまでは紆余曲折があるのですが、
いつでも心のどこかに幽遊白書と冨樫先生の存在が自分の道をひり開くための心の支えになっていました。

少年時代の思い出が蘇り、開くたびにエネルギーをもらえる「幽☆遊☆白書 画集」

幽☆遊☆白書は僕にとって少年時代の心の支えでした。
人間界、霊界、魔界の3つの世界の拡がりと幽助たちの言動に
想像力を刺激され勇気をもらっていました。

その幽☆遊☆白書時代のイラストをまとめた、
冨樫義博先生、初のイラスト集が「幽☆遊☆白書 画集」です。

もちろんこの「幽☆遊☆白書 画集」の表紙カバーは描き下ろし。
また完全版用に描かれたカラーイラストを一挙掲載のほか、
未発表イラスト多数収録! さらに「少年ジャンプ」連載当時描かれた
カラーイラストまでも完全網羅!! そしてなんと、
すべてのイラストに冨樫先生の解説付きという、
まさに「幽・遊・白書」のイラストが総結集した夢のような画集。

ジャンプに掲載されていたイラストなどは1回見たら
その後もう再見できなかったので、一つの画集にそれらが収められて
いつでも見ることができるのはうれしい。
全く覚えていないイラストも多く、僕が持っていない完全版ののイラストなどは新鮮。

連載時のイラストはすでに忘れていたもの、見たことがないもの

どれを見ても元気が出る!
どれを見ても元気が出る!
どれを見ても元気が出る!

冨樫先生が描く異世界(霊界、魔界)に心踊らされ、癒されていた少年時代がよみがえる画集です。

ここからは「幽☆遊☆白書 画集」に収められたそれぞれのイラストを見た
僕の思い出や感想を述べます。

■2004~2005年 完全版vol.1~15 背イラスト(本画集のために彩色)
浦飯 幽助、桑原和真、飛影、蔵馬の集合写真風のイラスト。
幽助は派手な骸骨の服、和真は大人っぽいタートルネック、飛影はカジュアルさ、
蔵馬はワイシャツにネクタイと4人とも大人っぽい服装が新鮮。
最終巻19巻あたりのすべてがすっきりした頃の4人だと思われる。

完全版のイラストは発売当時本屋の店頭でよく見かけたが、
購入していないので中身を全部確認していなくて、
完全版のイラストはとても新鮮。

■2004年 完全版vol.4 巻頭イラスト 浦飯 幽助
水彩画でグリーン1色の幽助。
目が険しくリアルで幽助っぽくない。
コミックスを全巻持っていたが
この完全版だけのイラストを見ると、今でも完全版も欲しくなる。

■2005年 完全版vol.12 巻頭イラスト 蔵馬
水彩画で赤や紫で彩色された蔵馬。
こちらも目が険しく怖い、蔵馬っぽくない。
冨樫先生はこの完全版の巻頭イラストシリーズでは、
どれも険しい表情を意図していたのかな。

■2005年 完全版vol.14 巻頭イラスト 飛影
まっすぐ正面を見据える藍色一色の飛影。
イラスト見ると飛影と目が合う。。。
これも険しい表情だが、飛影っぽさは感じられる。

■2005年 完全版vol.11 巻頭イラスト 桑原和真
同じく水彩画でオレンジ1色の桑原。
顔がシャープで2枚目すぎて桑原っぽくない。

■2005年 完全版vol.13 巻頭イラスト ぼたん
同じく水彩画で黄緑色一色のぼたん。
ぼたんっぽくなく半開きの口、爬虫類っぽい黄緑色が怖い。。。

■2005年 完全版vol.15 巻頭イラスト 螢子
同じく水彩画でオレンジがメインカラーの螢子。
こちらは、力が抜けていて可愛い。
この完全版巻頭イラストシリーズの中では最も出来がいい。

■掻き下ろし 戸愚呂(兄)と戸愚呂(弟)
同じく水彩画。透明感のある戸愚呂(兄)と人形のような戸愚呂(弟)
戸愚呂(兄)の髪の毛がアメリカ国旗の色みたいになったのは偶然か、
全体的に不思議な感じがするカラー。

■掻き下ろし たぶん仙水
同じく水彩画。仙水だと思うけど、髪の毛?が長く仙水ではないかも。
このシリーズで一番誰か分かりにくい。

■掻き下ろし コエンマ
同じく水彩画でモスグリーン1色のコエンマ。
口が半開きでちょっと変。

■掻き下ろし(本画集カバーイラスト)
この「幽☆遊☆白書 画集」用の掻き下ろし。
浦飯 幽助、桑原和真、飛影、蔵馬の4人。
えんぴつで描かれている、顔の一部だが、各キャラの特徴が際立っていて
すばらしい出来。

■2004年 完全版vol.1 カバーイラスト 幽助
幽助が霊丸を貯めているイラスト。
連載時よりも丸くなった感じがする。

■2004年 完全版vol.2 カバーイラスト 蔵馬
穏やかな表情の蔵馬がバラをこちらに投げているイラスト。
こちらも連載時よりも丸くなった感じがする。
個人的にお気に入り。

■2004年 完全版vol.4 カバーイラスト 飛影
口元が笑っている穏やかな表情の飛影、すばらしい存在感。
こちらも個人的にお気に入りほっとする良作。

■2004年 完全版vol.3 カバーイラスト 桑原和真
険しい表情で霊剣を持つ桑原。

■2004年 完全版vol.5 カバーイラスト ぼたん
華やかな着物を着ていて、明るい表情で笑っているぼたん。

■2004年 完全版vol.6 カバーイラスト 飛影と雪菜
微笑んで座っている雪菜を上から見守る飛影。
こちらの2人も穏やかな表情で癒される。

■2004年 完全版vol.7 カバーイラスト 幽助と桑原
幽助が霊丸のポーズで後方は桑原が霊権を構えている。
あらためてこの2人が良いコンビだと感じる。

■2004年 完全版vol.8 カバーイラスト 戸愚呂(兄)と戸愚呂(弟)
地味なモスグリーンの服装の戸愚呂(兄)と緑色の戸愚呂(弟)
すらっとしてスタイリッシュな感じ。

■2004年 完全版vol.9 カバーイラスト コエンマ 大人バージョンとコエンマ(通常)
コエンマ 大人バージョンと通常の小さいコエンマが同じポーズで歩いているイラスト
一つのイラストでこの2人が一緒に描かれているのが珍しい。

■2004年 完全版vol.10 カバーイラスト 蔵馬と妖狐蔵馬
これも上記コエンマ同様、同一人物の変身前と返信後の姿のイラスト。
蔵馬が座っている後方に妖狐蔵馬も座っていて、
蔵馬の頭の上に妖狐蔵馬があごを乗せている。
後にユニオンクリエイティブの「幽☆遊☆白書 妖狐蔵馬 ノンスケール PVC&ABS製塗装済みフィギュア」
の原型に採用された姿ですね!

■2005年 完全版vol.11 カバーイラスト 飛影と蔵馬
飛影が黒龍波を構えていて、後ろで蔵馬がバラをもって構えているイラスト。
飛影も蔵馬も連載時よりも優しい眼差し。
完全版のイラストは全体的に、連載していたころより、
コミカルで丸みを帯びたキャラになっていると感じた。

■2005年 完全版vol.12 カバーイラスト 幻海と幻海(若い頃)
コエンマや蔵馬の完全版カバーイラスト同様、
同一人物の変身前と返信後の姿のイラスト。
右に通常の幻海、左に若い頃の幻海が構えている。

■2005年 完全版vol.14 カバーイラスト
前から躯、黄泉、雷禅、煙鬼が並んでいるイラスト。
身長順に並んでいるので
連載時にははっきり分からなかったそれぞれの大きさが一目瞭然で分かってちょっと感動。

■2005年 完全版vol.13 カバーイラスト 仙水と樹
仙水と樹のツーショット。
樹がグリーンの髪の毛とズボンで不思議な感じ。

■2004年 完全版vol.1 巻頭イラスト
幽助&蛍子、ぼたん&コエンマ、桑原和真&桑原静流のSDキャラのイラスト。
めずらしい2頭身キャラがかわいい。

■2004年 完全版vol.2 巻頭イラスト
2頭身キャラの続き、蛍子、桑原静流、幽助、飛影、蔵馬のイラスト。
完全版のイラストだが連載当時を彷彿とさせる濃い色使い。

■2004年 完全版vol.3 巻頭イラスト
2頭身キャラの続き、桑原、ぼたん、幽助、乱童、幻海のイラスト。

■2004年 完全版vol.4 巻頭イラスト
2頭身キャラの続き、玄武&蔵馬、白虎&桑原、青龍&飛影
というライバル同士のイラスト。

■2004年 完全版vol.5 巻頭イラスト
2頭身キャラの続き、朱雀&幽助、雪菜、戸愚呂(兄)と戸愚呂(弟)、左京のイラスト。
ギンギラリンでド派手な朱雀が印象的。

■2004年 完全版vol.6 巻頭イラスト
2頭身キャラの続き、鈴木、鈴駒、酎、幻海(若い時)、コエンマ大人バージョンのイラスト。

■2004年 完全版vol.7 巻頭イラスト
2頭身キャラの続き、凍矢、陣、幽助とプー、樹里、小兎のイラスト。

■2004年 完全版vol.8 巻頭イラスト
2頭身キャラの続き、鈴木、死々若丸、妖狐蔵馬、戸愚呂(弟)、幻海のイラスト。

■2004年 完全版vol.9 巻頭イラスト
2頭身キャラの続き、コエンマ、桑原、幽助、飛影、蔵馬のイラスト。

■2004年 完全版vol.10 巻頭イラスト
2頭身キャラの続き、左京、戸愚呂(兄)、戸愚呂(弟)、武威、鴉のイラスト。
5人ともグレーか黒が基調でおどろおどろしい。

■2005年 完全版vol.11 巻頭イラスト
2頭身キャラの続き、海藤、柳沢、城戸、幽助、桑原のイラスト。

■2005年 完全版vol.12 巻頭イラスト
2頭身キャラの続き、御手洗、巻原、天沼、刃霧、神谷のイラスト。

■2005年 完全版vol.13 巻頭イラスト
2頭身キャラの続き、仙水、樹、幽助、飛影、蔵馬のイラスト。

■2005年 完全版vol.14 巻頭イラスト
2頭身キャラの続き、黄泉、躯、雷禅、煙鬼、孤光のイラスト。

■2005年 完全版vol.15 巻頭イラスト
2頭身キャラの続き、桑原、幽助、蔵馬、飛影のイラスト。

■2005年 完全版vol.15 カバーイラスト
幽助が手を振るイラスト。

■■1990-1994

■週刊少年ジャンプ 1990年 No.51 表紙イラスト
初期の頃の幽助、蛍子、ぼたんのイラスト。
2004年の完全版の時よりうまくないが、勢いがあって初初しい。

【P48】
■週刊少年ジャンプ 1990年 No.51 本編
連載初回のカラー原稿だと思う、幽助の目が鋭く、あごがとんがっている初期の頃。
幽助は初期と後期ではかなり違うが、ぼたんは最初から完成しているように思う。

■週刊少年ジャンプ 1990年 No.51 本編

■週刊少年ジャンプ 1991年 No.1・2合併号 本編
こちらも連載時のカラー原稿
連載から1年経過すると幽助は目がやさしくなっている。

■週刊少年ジャンプ 1991年 No.1・2合併号 本編
こちらも連載時のカラー原稿。

【P49】
■週刊少年ジャンプ 1991年 No.3・4合併号 応募者全員サービス テレホンカードイラスト
蛍子が大きく描かれていて、その前方にぼたんと幽助。
馴染みがないイラストだなと思った、なぜなら、応募してないテレホンカードイラストだから。

■1991年 コミックス第1巻 カバーイラスト
蛍子を死んだ幽助が後ろで守っているかのようなイラスト。
コミックスのカバーイラストなので記憶に残っている。

■1991年 コミックス第2巻 カバーイラスト
SDキャラの幽助とぼたんの後ろに大きな蛍子というイラスト。
こちらもコミックスのカバーイラストなので記憶に残っている。

【P52】
■週刊少年ジャンプ 1991年 No.17 本編
カラー原稿。
赤、オレンジなど赤系統で描かれた原稿なのは、他の色を使うのが手間だったのからかも。夕焼けっぽい。

■週刊少年ジャンプ 1991年 No.17 本編
こちらも赤メインのカラー原稿。
占い師に扮したぼたんが様になっている。

【P53】
■週刊少年ジャンプ 1991年 No.24 第7回キャッチフレーズグランプリイラスト 幽助
幽助のイラスト。
極楽往生と書かれたピンク色の特攻服が目立っている。

■週刊少年ジャンプ 1991年 No.24 表紙イラスト
よくある探偵もので見るような分厚い黄土色の洋服と黄土色の帽子、虫眼鏡を持っている幽助、
当時は新鮮な色使いや服装だと感じていたと思うが、
25年以上経過した今見ると時代を感じるなぁ。

■週刊少年ジャンプ 1991年 No.38 表紙イラスト
中央に緑学生服の幽助、左上に赤学生服の蔵馬、右上に青い服の飛影、右下に黄色学生服の桑原という4人の代表的なイラスト。
改めて今考えると、緑、赤、黄色の学生服って不思議だが、
この色分けのおかげで各キャラが際立っていたのだなぁと実感。

【P56】
■週刊少年ジャンプ 1991年 No.3・4合併号 表紙イラスト

■週刊少年ジャンプ 1992年 No.15 プレゼントテレホンカードイラスト 

■週刊少年ジャンプ 1991年 No.31 表紙イラスト

■週刊少年ジャンプ 1992年 No.13 表紙イラスト

■1993年 週刊少年ジャンプ創刊25周年特別企画 ジャンプマルチワールド パンフレット用イラスト

■未発表(週刊少年ジャンプ 1992年 No.3・4合併号 表紙フィギュア造形参考用イラスト)
青い学ランを着て走っている幽助のイラスト、未発表ということはこの画集が初出!?という貴重なイラスト。

■週刊少年ジャンプ 1993年 No.5・6合併号 表紙イラスト

■週刊少年ジャンプ 1992年 No.3・4合併号 とじ込みカレンダーイラスト

■週刊少年ジャンプ 1991年 No.47 表紙イラスト

■週刊少年ジャンプ特別増刊 1991年 Autumn Specialポスターイラスト

【P60】
■週刊少年ジャンプ 1991年 No.31 本編

■週刊少年ジャンプ 1991年 No.31 本編

【P61】
■週刊少年ジャンプ 1992年 No.1・2合併号 本編
メインキャラの幽助、蔵馬、飛影、桑原のイラスト。
このイラストでは、各キャラがいつもと違う、幽助(赤)、蔵馬(青)、飛影(緑)、桑原(黄)で彩色されていて新鮮に感じました。
あえて、いつも色と違う色で彩色するのが冨樫先生の柔軟さで斬新なところですね。

■週刊少年ジャンプ 1992年 No.1・2合併号 扉イラスト
上記イラストと同じ4人が同じ色(幽助(赤)、蔵馬(青)、飛影(緑)、桑原(黄))で描かれているイラスト。

■週刊少年ジャンプ 1992年 No.10 表紙イラスト
かっこいい革ジャンにGパンで霊丸を打とうしている幽助。
個人的に学ラン姿よりこの私服姿がカッコいいと思うし、自由な感じがする。

■週刊少年ジャンプ 1992年 No.25 第8回キャッチフレーズグランプリイラスト
棍棒を持っている幽助、その後ろに赤い馬と青い牛の妖怪のイラスト。
細部の書き込み、色使い(1色で終わっていない)ところから、冨樫先生が結構気合い入れて描いたのが垣間見れるイラスト。
個人的にもお気に入り。

■週刊少年ジャンプ 1992年 No.9 「幽☆遊☆白書外伝TWO SHOTS」扉イラスト

■週刊少年ジャンプ 1992年 No.20 本編

■週刊少年ジャンプ 1992年 No.20 扉イラスト

■週刊少年ジャンプ 1992年 No.30 表紙イラスト
ピンク色が基調の幽助と青が基調で覆面姿の幻海のイラスト。
この幽助とほぼ同じイラストがコミックス10巻のカバーイラストにも使われている。
色が少なく大味な感じ。

■週刊少年ジャンプ 1992年 No.44 表紙イラスト
コミックス12巻のカバーイラストでもある。

■週刊少年ジャンプ 1992年 No.44 ポスター

■週刊少年ジャンプ 1992年 No.44 本編

■週刊少年ジャンプ 1992年 No.44 本編

■週刊少年ジャンプ 1993年 No.2 本編

■週刊少年ジャンプ 1993年 No.2 扉イラスト
メインキャラの幽助、蔵馬、飛影、桑原が倒した巨大な妖怪に座っているイラスト。
コミックス17巻のカバーイラストでもある。
冨樫先生の本機が感じられる力作。

■1993年 週刊少年ジャンプ No.1 表紙イラスト

■週刊少年ジャンプ 1993年 No.12 表紙イラスト

■1998年 週刊少年ジャンプ創刊30周年記念原画集
メインキャラの幽助、蔵馬、飛影、桑原の黒1色で描かれたイラスト。
中央に赤い線があるのは失敗?

■週刊少年ジャンプ 1993年 No.21・22合併号 ポスターイラスト
幽助、桑原、蛍子が小さい飛行機に乗っていて、後方ではその風で飛ばされた飛影がヤシの木から落下している。
後にこのイラストの幽助、桑原の部分だけカットされて背景が着色されたものが、コミックス18巻のカバーイラストになった。

■週刊少年ジャンプ 1993年 No.30 表紙イラスト
コミックス14巻のカバーイラストにもなったイラスト。

■週刊少年ジャンプ 1993年 No.26 第9回キャッチフレーズグランプリイラスト
コミックス15巻のカバーイラストでもある。
幽助一人の横顔のイラスト。

■1994年 コミックス第16巻 カバーイラスト
メインキャラの幽助、蔵馬、飛影、桑原の背後にゲームのボスキャラっぽく巨大な仙水が待ち構えているイラスト
個人的に一番好きなコミックスのカバーイラスト。
幽助(赤)、蔵馬(青)、飛影(藍色)、桑原(黄)で彩色されている、
蔵馬(青)が髪の毛まで青でカッコいい!

■週刊少年ジャンプ 1993年 No.21・22合併号 プレゼントトランプ用イラスト
学ランを着た幽助が霊丸を打とうとしているイラスト。
初期頃から造詣が進化したのを感じる。

■1994年 コミックス第19巻 カバーイラスト
コミックスのラストのカバーイラストは、やはりメインキャラの幽助、蔵馬、飛影、桑原。
4人とも穏やかな顔で冨樫先生がやっと幽白を終わらせることができた安心感や充実感をイラストに感じた。
個人的にコミックスのカバーイラストの中で2番目に好き。

■P86、87は「ジャンプ・コミックス カバー折り返しの自画像/背カット」

■P88,89,90,91,92,93は「イラストデータ&解説」
各イラストについて30文字~150字程度で冨樫先生がコメントしている。
このコメントが面白すぎる。

■P94 冨樫先生の直筆「ありがとうございます。 冨樫義博」の文字。

作品名:冨樫義博「幽☆遊☆白書 画集」 (ジャンプコミックス)
大型本:95ページ
出版社:集英社 (2005/4/27)
発売日:2005/4/27

++++++++++++++++++++++
今のあなたを縛っている「社会の拘束具」を解除して「何でもできる自分」になるための
クラブ【無料】が爆誕しました。
私たちの力を合わせて、自分らしい人生をGETしていきます。
▼ ▽ ▼ ▽ ▼ ▽ ▼ 
社会レールから飛び立つクラブ【無料】の詳細はこっち

++++++++++++++++++++++