幽遊白書で激しく共感して勇気をもらったのが飛影や蔵馬達が昔は越えられなかった壁を克服して、「何でもできる自分」を取り戻して、さらに進化していくところ

僕にとって幽遊白書は、
「子供の頃は何でもできた」のに、
成長する過程で「できない自分」になってしまったけど、
サバイバルの中で自力で壁を壊して「何でもできる自分」を取り戻していく、
さらにはその先の世界へ飛び立っていく話だというところ(私個人の感想です)が、
非常にシンパシーを感じて好きだったところでした。

特に、飛影と蔵馬の生きざまにしびれましたね。

飛影は、陰気な故郷である氷河の国で母親の氷菜(ひな)が出産。しかし、氷河の国の決まりで魔界の森へ投げ捨てられます。
そのとき飛影は、母親が飛影とその妹(雪菜)を産んだときにこぼした氷泪石(ひるいせき)を形見のように持たされました。
飛影は幼いながらもその時のことを覚えていて氷河の国への復讐を生きる目的にして生きていく。
氷泪石は希少な宝石とされていたため、それを餌に妖怪をおびき寄せる飛影は常に妖怪と戦う人生に。
そんな飛影は強くなりすぎてA級妖怪にまでなってしまい、次第に妖怪から狙われなくなりました。
敵となる妖怪がいなくなったことで飛影は時間的余裕を持つようになり、氷泪石を眺めることが多くなります。
飛影は氷泪石によって心が落ち着くことに気づき、子供の頃の復讐目的ではない、純粋な興味から氷河の国を探すことになります。
しかし敵との戦いのとき、油断から妹(雪菜)の氷泪石を失くしてしまいます。
失くした氷泪石と氷河の国を見つけるためという目的で、自らの力がまったくなくなるけど探し物が見つかりやすくなる第3の目「邪眼」の手術を受けます。
その結果、せっかく鍛えた妖力が雑魚妖怪レベルのD級まで下がった飛影。
しかし、飛影はそのあとの人生で数々の戦いを経て、ピンチには仲間の助けを得ることで生き延びて、仙水との戦いのときに邪眼を移植する前に相当するような妖力を発揮、
そのあとは邪眼移植前の妖力を完全に超えて、魔界の3大妖怪のうちの1人である軀の片腕になるまでになりました。

・・・と、大雑把に飛影の足跡を追って、何が言いたかったというと、

A級妖怪になり、敵なしとなる

邪眼の手術で雑魚レベルのD級妖怪まで妖力が落ちる

その後のサバイバルや幽助たちとの出会いを経て、以前のA級妖怪のレベルに達する

その後も妖力を上げるだけでなく、幼少期の恨みやモヤモヤを乗り越える
という過程に非常に共感したんです。

なぜなら、当時中学生だった自分は、
何でもできると万能感があった小学生低学年

転校して見知らぬ偏狭な田舎で肩身が狭い思いを抱き始めた小学校高学年から暗黒時代が始まり、
中学生時代は、窮屈でそれ以外の道がまるでないのかのように思える社会のレールしかない恐怖におびえていた時代でした。

僕の実人生で経済力、生活力がなく、親に守られることでやっと生活できていた中学生の頃、
社会のレールのような画一的な生き方以外に何かあるのではともがく。
でも、自分では、やりたいことを見つけることができず、自分だけ違う道を歩む勇気もない。
世の中の仕組みがどうなっているのか何も知らない上に力不足でどうにもならなかった。
社会のレールの範囲内でしか動けず、不自由で、言いなりにならざるを得なかった頃、
学校に行くのが当たり前、行かないのは落ちこぼれ、出来損ないのごみのように周囲からみられていて、自分もそのような思考をしていた。

そんな時に、その社会のレールから脱出する方法がないかと心のどこから思っているときに
一筋の光がさしてきました、それが幽遊白書の飛影や鞍馬のストーリーでした。
また、戸愚呂弟、玄海、雪菜たちも「昔は乗り越えられかった壁を自力を高めたり友人や知人の助けを得て解決して新しい世界へ進んでいた」ことにも励まされていました。

僕にとって幽遊白書はその中学の苦難の時代に[自分らしく生きるためにはどうすればいいか]そのヒントや、突破する勇気を少なからず与えてくれた、まさに光のような存在だったのです。

そこから、「いろいろできるタイプの自分」を取り戻すまでは紆余曲折があるのですが、
いつでも心のどこかに幽遊白書と冨樫先生の存在が自分の道をひり開くための心の支えになっていました。

冨樫義博先生が日常のありふれた情報やモノから、非日常的で魅力的な世界観のマンガを生み出していることを知りたいなら『ジャンプ流!DVD付分冊マンガ講座 冨樫義博』

冨樫義博先生が日常のありふれた情報やモノから、非日常的で魅力的な世界観のマンガを生み出していることを知りたいなら『ジャンプ流!DVD付分冊マンガ講座(21) 2016年 11/17 号 (冨樫義博)』

我らが冨樫先生がいかにしてあのような夢に満ち満ちていて豊かな気持ちになれるマンガの数々を生み出しているのかが分かるのが、
『ジャンプ流!DVD付分冊マンガ講座(21) 2016年 11/17 号 (冨樫義博)』でした。

この『ジャンプ流!DVD付分冊マンガ講座(21) 2016年 11/17 号 (冨樫義博)』では、
秘密のベールに包まれた冨樫義博先生の仕事の様子はもちろんのこと、
富樫先生の普段の様子や哲学も知ることができるんです!

これには、DVDだけでなく、分冊で冨樫先生のエピソードやマンガ制作の様子が記載されていて、
どちらも僕ら富樫ファンにとっては、どちらも貴重で興味深い内容です。

まずはDVDから見ていきます!

◆DVD
「クラピカ」を描きはじめる富樫先生。

【下描き】
100円くらいで売っているような、ごくごく普通のシャーペンを使って下描きを始める、富樫先生。
躊躇することなくさっさと描かれている感じなのに、徐々にクラピカが描きあがっていくのが凄い。
ほとんど消しゴムを使うことなく、下書き完了。

先生曰く、「なるべく下書きやっている間にやる気を出す」
終始、とても穏やかな声で話されているのが印象に残る、すごく落ち着いていて、紳士的な対応をされる方だなと思った。
下描きを書いているときは、どんな色にしようかなと整理する作業、次のことを考えているという。

ミリペンでサブの線を入れた後、色塗り(水性)して、最後にペン入れ と言う流れで作業されている。
消しゴムでほとんどの線を消して、輪郭だけを残す感じになったところで下書きは終了。

【色塗り】
そのあとは色塗り。
富樫先生曰く「色を塗るときも全然決まりなくて・・・」、「登場人物の髪の色は何色ですかと言われたときに、これですと自信をもって言えない」という。
かなり感覚的に描かれているのを感じた。

色塗りでアクリルを使うのは、失敗しても修正できるから。という。
主人公の髪の色も本来は決まっていない。途中で飽きる。この色じゃない色が塗りたいな・・・。と

マンガを描く中で、富樫先生の一番好きな作業はダントツにネームなんだそう。
冨樫義博先生曰く「一番最初がピークでどんどんテンションが下がっていく。」
「一番好きなのが話を考えているときですね。」という。
富樫先生は汚い色が好きで、混ぜて鮮やかさを落としていきたい。でもそれをやりすぎると、ただ汚いだけになってしまうので、そうなる前に終える。と。
そういえば、富樫先生の作品はカラフルな色使いというより、重い感じの重量感がある色が多いですよね。

富樫先生は一旦、色塗りを終了してペン入れへ進んでいく。

【ペン入れ】
黒で輪郭をなぞって太くしていく。
富樫先生「この線を入れることで絵がしっかりとシャープに仕上がっていくと思います。」

聞き手「彩色の後にペン入れする理由は?」
富樫先生「最後にやるとシャープになる。」
「いろいろと足していきながらもどんどんクオリティが落ちていくのが自分の癖。」という
流れで勢いでやった方がうまく行くというのが今までの経験上ある。そうだ。

そして、クラピカが完成!
こうやって、週刊少年ジャンプのカラーイラストが描かれていくのだと感動。

富樫先生が最後の最後まで文房具屋で普通に売っているような文房具、普通の道具を使って、このクラピカの存在感のあるイラストを描かれる様子が魔法のようだと思った。
さらっと書かれたものだが、この原画を僕にいただけたら一生の宝物にするだけでなく、死後も家宝として、ずっと大切にするように遺言を残す。

ここまでは、カラー作画が描かれるところのみ、冨樫先生の普段の様子や考え方などは語られていない。

【伝心/制作の現場から】
DVDでは次に、富樫先生が実際に漫画を制作している部屋が公開されている。

スタッフは常時5名いるそう。
スタッフには、ハンターハンターの連載当初からの入っている人や、入って1,2年の人が在籍しているという。
スタッフの一人によると、富樫先生はお茶目。常にアンテナを張っている。情報を得ようと貪欲。なんだそうだ。
富樫先生は柔軟な姿勢でテレビなどで自分の興味あることやマンガに生かせそうなものをいつも探していて、
それが「子供の頃のおもちゃの宝箱」のような豊かな世界観を描く材料になっているようだ。
富樫先生の漫画に1つのテーマだけではなく、いろいろ入っている玩具箱感、福袋感があるのもそれが原因なんだろうな。

スタッフの一人の方によると、普段はテレビを見ながら、和気あいあいとしているそう。

富樫先生は、口で伝えるのがうまいほうではないので、見本を絵で何パターンか用意する。という。
自分の好きな作家の背景を示したり。

また、富樫先生の席は、とにかくテレビの音が聞こえやすいのが重要だそう。
なぜなら、自分の作品に関係あることが放送されていたらがすぐ聞けるように。

部屋はすぐ散らかるので広ければ広い方がいいという。
富樫先生用に3つ机があるが2つはすでに物で埋まってしまっている。。。。。

富樫先生の部屋の本棚には
サイコメトラー、孤高の人、べしゃり暮らし、バガボンド、闇金ウジシマくんエアギアなどが並んでいる。
僕はべしゃり暮らしとバガボンド、闇金ウジシマくんは全話読んだことがあるけど、その他はない、この本棚の漫画は全部読もうと思った。

普段知ることが出来ない富樫先生の漫画に対する思いや人柄を知ることが出来て感謝!そして何回も見返したい永久保存版DVDだ。
映像で富樫先生ってどういう感じで仕事しているのかを見ることができるのがうれしい。

本棚にある「ドラゴンボール30th アニバーサリー」を手にした冨樫先生、開封するかしないかで迷ったが、結局開封してしまったという。
富樫先生曰く、「(鳥山先生は)神なので、天井人。」
鳥山先生が居なかったら自分はここには居ない。というほど影響を受け、目標ではないが、なるべく近づきたい存在。心の支え。
僕にとっては冨樫先生が天井人だと感じる。

机に置いてある人物表を見ながら、ハンターハンターではじめて人物表を作った。とのこと。
ハンターハンターの昔の原稿を反省を踏まえて、その机に置いているそう、それはネットがざわめく感じの仕上がりになった原稿(笑)。
その頃は、半日で原稿19枚を上げてたという。ネーム好きなので、ネームで時間が過ぎてしまい・・・。という状況だったそう。

インタビュアー「週間ジャンプで連載するということは?」
富樫先生「最初はただの夢だったのですけど、実際やってみると、今も夢の中にいるみたい。
現実の中にいながらズーと夢の中にいるみたい。なので、これからもがんばってその中に浸っていきたい。」
それを聞いて、夢の中に浸っているという精神状態の中から生み出されるから、富樫ワールドはあれほど豊かなんだと感じた。

インタビュアー「漫画家を目指す人へ」
富樫先生「僕のやり方は古いやり方だと思うし(中略)。週間のスタイルとは合わなくなってきているのは分かっている。(中略)
若い人たちには、多少無理をしながら、自分の好きなモノを画面に思いっきりぶつけると言うことをスタイルは変わっても、
その気持ちだけは持ち続けてやって欲しいな。と思います。
なので私が言えるのは、なるべく好きなものをいっぱい作って、俺はこれは好きなんだということを原稿にぶつけられると、
読んでるこちらはそれを感じるとることができるので、そういうマンガをもっともっと読みたいと思います。
なので、これからマンガ家を目指している人は自分が好きなものを読者に発表するつもりでマンガを書いてもらいたいと思います。」

自分の好きなモノを読者に発表するつもりで漫画を書いてもらいたいなと思います。

DVDの【感想】
何も見ずにクラピカを描き続ける富樫先生。
にもかかわらず、絵の具の濃淡、ペン入れと工程を経ていくと、
まさにクラピカという絵に仕上がっていく様子に見入ってしまった。
何もないところから、クラピカを生み出すのが魔法のようだった。

そして、物語も、僕達の誰もが手に入れられるテレビや本、雑誌などから着想を得たり、
絵の参考にしたりしてるのに、
ハンターハンターのような独創的な作品が生み出されているのだなと実感した。
このDVDを見ると、自分にも何か作れそうと思わせられる。
いやー富樫先生の貴重な仕事風景が見れるだけでもこのDVDの価値があるわー。

続いて分冊を見てみましょう。

◆分冊「まるごと冨樫義博」
富樫先生が漫画家になるまでの経緯や作劇で気をつけている点など
漫画家を目指す人には参考になる内容であるだけでなく、
富樫先生の大ファンである自分でも日々の生活や仕事で使える内容だった。

これまで語られることがなかった生い立ちや考え方を知ることができて、
個人的にはDVDと負けず劣らず、こちらの分冊も興味深くて面白く読めた。

この「まるごと冨樫義博」によると、富樫先生は、最初は美術教師を目指していたとのこと。
しかし、教育実習で教壇に立ったときの経験から、教師の道を断念したそう。

富樫先生いわく、
「学校が好きというよりも”学校という世界”から出るのが怖かったのかな。
だから職業として学校に残れる”先生”を目指したんです。
それがダメとなると本当に追い込まれてしまって、
そこで、日常で仕事ができるマンガ家しかないって、行きついたんですよ」
ということで、最初からマンガ家を目指していたわけでなく、
美術教師の道をやめて、最後に残った選択肢がマンガ家だったみたいですね。

そのあと冨樫先生は、大学中退して美術教師の道を完全に断って、マンガ家を目指すため上京。
それは「狼なんて怖くない!!」が掲載されるくらいの時期だったそう。
なるほど、「狼なんて怖くない!!」はそんな富樫先生の環境と心理が大きく変わる中で書かれた作品だったのか。
僕は、この「狼なんて怖くない!!」は「幽遊白書」も「レベルE」も終わって、冨樫先生の作品の連載がない時に、富樫ロスに陥ってしまい、購入して読みました。
初期の作品にしては何かしら引っかかるところがあり、天才冨樫義博の才能の片鱗が垣間見える作品だと感じました。

富樫先生曰く、
「・・・(中略)・・・なので、貯金が底をつく寸前で連載が決まった時は心からホッとしましたね。」
と、生活が苦しい時期も経験されていたことを吐露されています。

そういう今まであまり語られることがなかった富樫先生の軌跡が本人の口から語られているので、
この分冊「まるごと冨樫義博」は貴重だと思う。

■分冊「まるごと冨樫義博」の感想
富樫先生が幽遊白書の連載時について、
「仮に人気が出たとしても、30週で勢いは落ちるだろうと。だから、そこから先はバトルに転換しようと、連載を始める時から考えていたんです。」
と話されているところで、最初からそこまで綿密に展開を考えて始められたということに驚いた。

あと冨樫義博マンガの世界観、要素を冨樫先生自信や編集に携わっていた人の口から語られているのが素晴らしい。
例えば、ホラー、バトルアクション、ドラマ、男女ともに可愛らしい容姿、
オカルトとバトルを足したもの、アクション、意外さ、ワクワク感、裏の裏をいく
など、富樫先生の漫画が、1つ大きなテーマがありながらも、それだけでなくいろいろな遊びが入っていて豊かさを感じるのは
こういう要素を意識的に入れているからだなと気づき、それを自分が何か作るときにも生かせそうだと思った。
作品作るにもいろいろ思考実験を繰り返しながら作られているのが分かる。

あの何の変哲もない仕事部屋からたぐいまれな豊かな世界を生み出している冨樫先生。
何も特別なものはなくても日常で「誰でも手に入れることができるありふれた情報やモノ」、
例えば、テレビ番組や他の著者のマンガ、本、雑誌、ゲームなどを材料にして、
他の誰にも作れない豊潤(ほうじゅん)な世界観が構築されるということが分かったのが
今回の『ジャンプ流!DVD付分冊マンガ講座(21) 2016年 11/17 号 (冨樫義博)』を見た(読んだ)収穫だった。
僕も何気ない日常から情報やヒントを得て何かのコンテンツなりモノなりを作り売っていけるようになりたいと強く思った。

この『ジャンプ流!DVD付分冊マンガ講座(21) 2016年 11/17 号 (冨樫義博)』は、
個人的に100点満点の内容。でも、あえて気になった点を挙げれば、
DVDにも分冊にも富樫先生やその作品とは直接関係ない内容があり、それが相応の容量をとっていて蛇足に感じた。

しかし、それ以外については、文句のつけようがない。

私的ポイント:100/100点

書 名:ジャンプ流!DVD付分冊マンガ講座(21) 2016年 11/17 号 (冨樫義博)
出版社: 集英社
価 格:1290円+税
発売日:2016年11月17日
公式サイト:
ジャンプ流!DVD付分冊マンガ講座(21) 2016年 11/17 号 (冨樫義博)
http://www.jumpryu.com/lineup/21/